相続人と相続分

相 続 人 相続の開始によって 相続人は、被相続人の財産を 承継することになります。 民法に定める相続人となる者は、 配偶者、直系血族及び兄弟姉妹です。 被相続人の配偶者は、常に相続人となります 次の人は、次の順序で配偶 続きを読む…

相続人と法定相続人の違い

相続人と法定相続人 相続税法でいう 法定相続人とは 民法の規定で 相続人となりうる者から 相続開始以前の死亡者 相続欠格者 相続排除者 を除き 相続開始以前の死亡者について、 代襲相続者がいれば その者を含んだものをいう 続きを読む…

親族が相続放棄をした場合の注意点

相続を放棄した人は 初めから相続人でなかったものとされます。 相続を放棄した人には、 代襲相続が認められていませんので たとえば 「直系卑属」である子が1人しかいない場合に、相続放棄した場合 法定相続人は子⇒直系尊属へと 続きを読む…

特別受益者の相続分

共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、 又は婚姻若しくは養子縁組のため 若しくは生計の資本として 贈与を受けた者があるときは、 被相続人が相続開始の時において有した財産の価額に その贈与の価額を加えたものを相続財産と 続きを読む…