交際費 税務調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際費については、

損金算入限度額の規定があります

頻繁な飲食代については、役員賞与など

給与課税されないよう、説明できるようにする

従業員に対して金銭で支給したものは、

一部を除いて、基本的には

給料課税されると考えて、

税法等でよく調べることが必要です。


税務調査では、小規模事業者に対しては、

個人的な経費のつけ込みがされていないか

土日の飲食代などは、

業務上のものであることを

説明できるようにしておく事が大切

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です