有利な遺産分割方法は?

値上がりしそうな財産、

第一次相続の納税に充てるための不動産、

物納売却予定不動産、

納税用現預金は子供が取得すべきです。

第二次相続の納税に充てるための不動産、現預金 は配偶者が取得すべきです。

小規模宅地の特例を受けるにあたって、
いつ適用を受けたほうが有利か考慮する。

 

小規模宅地の特例の適用要件
(生計を一にする、同居親族の要件など)
は複雑で、改正が多いので、注意する必要がある。

基本的には第一次相続で小規模宅地の特例を子供が受けられる場合には子供が取得、

第二次相続で小規模宅地の特例の適用を受けられるものは

配偶者が取得するのがよいと思われる。

 

第一次相続で1憶六千万円全部、配偶者が取得すると

第2次相続で相続税が多額になる場合があるので、

一次相続で遺産分割を考慮する必要がある。

 

配偶者の税額軽減は,子との共同相続の場合は,

通常、遺産の半分を取得したときに最大となるので,

そのように分割する場合が多いと思われる。

 

が2次相続との関係、相続税率を考慮に入れ分割する必要がある

2次相続では配偶者の税額軽減が適用できず

基礎控除、小規模宅地の特例を超えた分は、

相続税がストレートに課税され納税額が多額になる

小規模宅地も同居していない場合には

基本的に受けられないので

家なき子の要件に該当するか検討したり

建物の区分登記をしない、2世帯住宅や

同居を考慮に入れたり

生計一に該当して適用が受けられる可能性があれば、検討したいところだ

また不動産収入物件については相続時精算課税を使うと2500万円まで

贈与税もかからないので

その後の不動産収入が親から子へ移転するので

相続財産を増やさない観点から有効である

ただしその後は110万円までの

基礎控除は使えなくなるので注意が必要だ

 

 

 

 

2017年11月30日 | カテゴリー : 遺産分割 | 投稿者 : tt

代襲相続

本来なら

相続人となるべき人が

相続開始の時に

⑴すでにお亡くなりになっている

⑵相続欠格

⑶推定相続人の排除

 

などの事由により

相続する権利を失っているとき、

その者の直系卑属が、

その者と同一順位で

相続人となることをいう。

被相続人の子供がなくなっていた場合、

被相続人の曽孫は再代襲ができますが。

被相続人の兄弟姉妹の孫や曽孫については

代わりの相続権を認めていません。したがって相続人となれません。

 

2017年7月19日 | カテゴリー : 遺産分割 | 投稿者 : tt

遺言書作成時の注意事項

遺言書を作成する場合

相続人の遺留分を侵害してしまうと 、

相続人の間で争いが起きることが多いように感じます

遺留分に留意した遺言書を残したり、

生命保険を活用したりしてなるべく、争いを避けるようにしたいものです。

また 、遺言書の最後に必ず付言事項を付け加え

財産の取得が多い者に対するその理由   (事業継承の必要性など)

特に財産の取得が少ない家族に対する感謝の気持ちや愛情を表現することも

重要だと思われます

また遺言執行者を遺言書に必ず規定しておくことが

円滑な遺言執行にあたり重要です

遺言書作成時の注意事項

遺言書を作成する場合

相続人の遺留分を侵害してしまうと 、

相続人の間で争いが起きることが多いように感じます

遺留分に留意した遺言書を残したり、

生命保険を活用したりしてなるべく、争いを避けるようにしたいものです。

また 、遺言書の最後に必ず付言事項を付け加え

財産の取得が多い者に対するその理由   (事業継承の必要性など)

特に財産の取得が少ない家族に対する感謝の気持ちや愛情を表現することも

重要だと思われます

また遺言執行者を遺言書に必ず規定しておくことが

円滑な遺言執行にあたり重要です

2016年9月20日 | カテゴリー : 遺産分割 | 投稿者 : tt

親族が相続放棄をした場合の注意点

相続を放棄した人は
初めから相続人でなかったものとされます。

相続を放棄した人には、
代襲相続が認められていませんので

たとえば
「直系卑属」である子が1人しかいない場合に、相続放棄した場合

法定相続人は子⇒直系尊属へと次の順位に移ることになります。

直系尊属もすべて相続放棄した場合には

第3順位の被相続人の兄弟姉妹が

法定相続人となります。

債務が多い場合には、
被相続人の死亡日から3ヶ月以内に家庭裁判所に
相続放棄の手続きをしないと、
その債務を引き継ぐことになります。
相続放棄をしたかどうかは、
知らされないことも、
よく確認しないとわからないことも多く

親族の死亡の際には、
財産の状況をよく
見極める必要があります。

2015年11月5日 | カテゴリー : 遺産分割 | 投稿者 : tt

代襲相続

本来なら

相続人となるべき人が

相続開始の時に

⑴すでにお亡くなりになっている

⑵相続欠格

⑶推定相続人の排除

 

などの事由により

相続する権利を失っているとき、

その者の直系卑属が、

その者と同一順位で

相続人となることをいう。

被相続人の子供がなくなっていた場合、

被相続人の曽孫は再代襲ができますが。

被相続人の兄弟姉妹の孫や曽孫については

代わりの相続権を認めていません。したがって相続人となれません。