扶養義務者

直系血族及び兄弟姉妹は、

互いに扶養をする義務がある。

2  家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、

三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3  前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

夫の先妻の子と後妻である配偶者は姻族か?

(親族の範囲)
第725条 次に掲げる者は、親族とする。
一  六親等内の血族
二  配偶者
三  三親等内の姻族

 

配偶者には親等がない

養子の「縁組以後に生まれた子」は、

「養親およびその血族」との間に親族関係が生じる。が

縁組前にすでに生まれていた子に関しては、親族関係は生じない

夫婦の一方が死亡した場合において、

生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときも姻族関係は、

離婚の場合と同様に終了する

夫婦の一方が死亡したときは、

生存配偶者は、婚姻前の氏に復することができる

 

夫の先妻の子と後妻である配偶者は姻族か?

電話048(648)9380 お気軽にご相談下さい