契約者貸付金が控除された場合の生命保険の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の注意点

1.契約者貸付金

生命保険契約の契約者は、 その保険契約の解約返戻金の範囲内で 保険会社から貸付けを受けることができるが これを契約者貸付金といい、 相続人が相続により
取得したとみなされる保険金の額は、 契約者貸付金の額を控除した金額となり、 その金額で非課税金額を計算する

2.剰余金

保険金受取人が 保険金に加えて
剰余金(配当金)や 前納保険料を受け取った場合 それらも、生命保険金に含めて、非課税金額を計算する。  
生命保険会社からの 死亡保険金以外に 手術給付金、入院・通院給付金も支払われている場合 原則として所得税は非課税です。   手術給付金や入院・通院給付金は 被相続人の死亡によって 取得した生命保険金や損害保険金には該当しないため、 相続税の生命保険金の非課税(500万円×法定相続人の数)は適用できません。 本来の相続財産で申告 がん保険や医療保険の保険金受取人が契約者本人の場合 本来の相続財産(未収入金)として相続税の課税対象になります。 しかし、がん保険や医療保険の保険金受取人を契約者本人ではなく、 親族等にしていることがあります。が この場合は被相続人の相続財産にならない場合があります また、保険金受取人が支払を受けた 手術給付金や入院・通院給付金は、所得税も非課税になると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA