財産の価額は、

相続、遺贈又は贈与により財産を取得した

時における時価により、

債務の金額は、その時の現況による

財産評価基本通達の評価単位ごとに評価する

時価とは、
課税時期(相続贈与があったときなど)において、

不特定多数の間で
自由な取引が行われる場合に
通常成立すると認められる価額

客観的な交換価値を示す価額、

すなわち、買い進み、売り
急ぎがなかったものとした場合における価額)

その価額は、
財産評価基本通達

の定めによって評価した価額による。

共有財産は、その財産の価額×共有者の持分

区分所有は
各部分の使用収益等の状況を勘案して計算した
各部分に対応する価額


法定果実(未収,地代、家賃,賃貸料、
貸付金の利息等の法定果実)の価額は、元物とは別に評価する


天然果実(果物)は元本に含めて評価


預貯金の既経過利子は

原則として預入高とあわせて評価


不動産のうち
たな卸資産に該当するものの価額は
財産評価基本通達《たな卸商品等》の定めに準じて評価する

埼玉県さいたま市大宮区の格安親切な税理士にご相談電話048(648)9380