認知

このエントリーをはてなブックマークに追加
嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。 認知をするには、父又は母が未成年者又は成年被後見人であるときであっても、その法定代理人の同意を要しない 認知は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによってする。 2  認知は、遺言によっても、することができる。
成年の子は、その承諾がなければ、これを認知することができない。 (胎児又は死亡した子の認知) 第783条 父は、胎内に在る子でも、認知することができる。 この場合においては、母の承諾を得なければならない。 2  父又は母は、 死亡した子でも、その直系卑属があるときに限り、 認知することができる。 この場合において、その直系卑属が成年者であるときは、その承諾を得なければならない (認知の効力) 第784条 認知は、出生の時にさかのぼってその効力を生ずる。 ただし、第三者が既に取得した権利を害することはできない。 (認知の取消しの禁止) 第785条 認知をした父又は母は、その認知を取り消すことができない。 (認知の訴え) 第787条 子、その直系卑属又はこれらの者の法定代理人は、認知の訴えを提起することができる。ただし、父又は母の死亡の日から3年を経過したときは、 この限りでない。 準正) 第789条 父が認知した子は、その父母の婚姻によって嫡出子の身分を取得する。 2  婚姻中父母が認知した子は、その認知の時から、嫡出子の身分を取得する。 3  前2項の規定は、子が既に死亡していた場合について準用する。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA