被後見人の財産等の譲受けの取消し

このエントリーをはてなブックマークに追加
後見人が被後見人の財産又は被後見人に対する第三者の権利を譲り受けたときは、被後見人は、これを取り消すことができる。この場合においては、第20条 の規定を準用する。 2  前項の規定は、取消し、追認に関する諸規定(第121条 から第126条 まで) の規定の適用を妨げない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA