税理士格安さいたま市大宮浦和中央区上尾市

葬式費用になるもの、ならないもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

債務控除と葬式費用の適用対象者は、

相続人と包括受遣者である

ことに注意

 

相続放棄者

原則として債務控除の適用はないのであるが、
実務の取扱いとして、

葬式費用を実際に負担した場合には、

その費用
の額を

遺贈により取得した財産の価額から

控除することが認められて
いる。

 

葬式費用になるもの

(1) 葬式や葬送などを行うときや

  それ以前に火葬や埋葬、

  納骨をするためにかかった費用

(2) 遺体や遺骨の回送にかかった費用

(3) お通夜などにかかった費用

(4) 葬式の時にお寺などに読経料などのお礼をした費用

(5)  死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用

葬式費用にならないもの

(1) 香典返しのためにかかった費用

(葬式、通夜、当日の返礼品は高額なものを除き

通常,葬式費用と認められると思われる)

(2) 墓石や墓地の買入れのためにかかった費用

   墓地を借りるためにかかった費用

(3) 初七日や法事などのためにかかった費用

トップへ戻る