家族名義の預金がある場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人が管理していた預金で、

家族の名前の預金(名義預金)になっているものは、

 

相続税調査においては相続税の課税対象である

と指摘されることが多いと思われます。

 

仮に贈与契約書があったとしても

 

預金の出し入れをしていた者は誰か、

 

利息の受け取り人、

 

お金の流れから総合的に判断されると思われる。

 

誰がその預金を管理していたか、費消していたかの、判断基準としては

 

届け出印鑑や取引の伝票の筆跡などが参考とされ。

 

預金の出し入れをしていた者は誰か、

 

利息の受け取り人、

 

被相続人の通帳から相続人などの名義の通帳への移動

 

日々の生活費の引出状況などの

 

お金の流れから総合的に判断されると思われる。

 

相続税の課税対象とされないためには、

 

最低限、毎年の贈与税申告

 

贈与契約書の作成が必要である

 

が実際に相続人の財産であるとの根拠を

 

説明できるようにしておくことが重要です