私道の評価 セットバック

このエントリーをはてなブックマークに追加
私道の用に供されている宅地の評価
は、 評価の方式から倍率方式による評価までの定めにより 計 算した価額の
100分の30に相当する価額によって評価する
1公共の用に供するもの、 例えば、通抜け道路のように不特定多数の者の通行の用に供されている場合、 その私道の価額は評価しないことになっています 2専ら特定の者の通行の用に供するもの、 例えば、袋小路のような場合があります。 この場合 路線価方式又は倍率方式によって評価した価額の30%相当額で評価します。 倍率地域にある私道の固定資産税評価額が私道であることを考慮して付されている場合には、 その宅地が私道でないものとして固定資産税評価額を評定し、 その金額に倍率を乗じて評価した価額の30%相当額で評価します。

(注)

  1. 専用利用している路地状敷地については、私道に含めず、隣接する宅地とともに1画地として評価します。
  2. 路線価方式による場合の評価方法 私道の価額は、原則として、正面路線価を基として次の算式によって評価しますが、その私道に設定された特定路線価を基に評価(特定路線価×0.3)しても差し支えありません。 正面路線価×奥行価格補正率×間口狭小補正率×奥行長大補正率×0.3×地積 =私道の価額
この場合において、 その私道が
不特定多数の者の通行の用に 供されているときは、 その私道の価額は評価しない  
セットバックを必要とする宅地の評価) 建築基準法第42条第2項に規定する 道路に面しており、 将来、建物の建替え時等に 同法の規定に基づき道路敷きとして 提供しなければならない部分 を有する宅地の価額は、 その宅地について 道路敷きとして提供する必要が ないものとした場合の価額から、 その価額に次の算式により 計算した割合を乗じて計算した金額を 控除した価額によって評価する。 ただし、その宅地を広大地の評価 により計算した金額によって評価する場合には、 上記の定めは 適用しないものとする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA