相続税等の評価の時期

このエントリーをはてなブックマークに追加
評価の時期 相続税等の評価の時期は、 相続税法第22条により 課税時期=相続遺贈又は贈与により財産を取得した時であり 評価はこの時点における財産の 現況によって行うものとされている。 相続した株式の発行会社が倒産等のため、 株式が無価値になるような場合、 原則として相続時の時価(評価額)になるので 相続税も多額となり、 倒産により株式の価額が急落して 納税ができなくなると いう事態が想定される。   トップへ戻る