未分類

相続税申告でチェックされる点

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税申告でチェックされる点

 

 

調査の際に調べられるもの

 

不動産の権利書、契約書等、預金通帳、家族も含めた預金通帳、の確認

 

生命保険損害保険証書の確認、名義変更の有無

 

預金の印鑑、

 

貸金庫の有無、開閉状態、

 

貸金庫の管理者などの確認が中心となります。

 

相続人の職業、財産形成のしかた

 

被相続人の病気や入院の状況、

 

生活の状態、健康状態

 

相続人等の勤務先、住所の変遷

 

相続人の財産が、収入に見合うものか

 

過去の生活費から、相続時の相続財産が適正かどうか

 

検討されます

 

過去の土地建物株式等の譲渡の有無、

 

被相続人の通帳から相続人や孫などの通帳にお金の移動がないか

 

チェックされます。

 

相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は

 

相続財産に組み込まれ、

 

課税された贈与税については、贈与税額控除により、相続

 

税から差し引きます。

 

もちろん、相続人以外の人(たとえば孫等)は

 

相続開始前3年以内の

 

贈与であっても相続財産に組み込まれません。

 

 

 

相続財産が贈与税の課税対象である場合。

 

贈与税の期限後申告を行い、

 

支払った贈与税を相続税額から控除する。

 

 

 

贈与税の確定申告期限から6年間は、

 

課税当局に更正、決定により贈与税を課税する権限があるので

 

贈与税の申告が必要な場合がある。

 

 

 

相続財産が贈与税の課税対象である場合。

 

贈与税の期限後申告を行い、

 

支払った贈与税を相続税額から控除する。