相続税の調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の調査は申告が終わって
(感覚としては すっかり忘れた頃にと言うべきか)
1年半から2年程度経ってから来る場合が多いので注意が必要だ
調査官は通常2人で来て
1人は立会人として
証拠となる調書を作成し
その調書には通常押印を求められる
押印をしなくても証拠能力を持つと言われている
ので注意が必要だ
 
相続税調査の際に調べられるもの
手持現金の確認
 
預金通帳、
家族も含めた預金通帳、の確認
被相続人の財産から形成された
実存する手持現金や
被相続人名義の預金の計上がなかった場合
重加算税の対象として延滞金も含め約5割増しの税金が
課税されます
生命保険の名義変更による財産の漏れの有無
預金の印鑑、
貸金庫の有無、開閉状態、
貸金庫の管理者などの確認が中心となります。
相続人の職業、
被相続人の病気や入院の状況、
誰が預金を管理したか
銀行に存在する払い出しの筆跡から
判断されます
年間の手取りから生活費を引いた金額が
相続財産に反映されているか
家族名義の預金に移動していないか
過去の被相続人の趣味 生活費から、
相続時の相続財産が適正かどうか
検討されます
過去の土地建物株式等の譲渡の有無、
被相続人の通帳から相続人や孫などの通帳にお金の移動がないか
チェックされます。
相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は
相続財産に組み込まれ、
課税された贈与税については、贈与税額控除により、相続
税から差し引きます。
相続財産が贈与税の課税対象である場合。
贈与税の期限後申告を行い、
支払った贈与税を相続税額から控除する。
贈与税の確定申告期限から6年間は、
課税当局に更正、決定により贈与税を課税する権限があるので
贈与税の申告が必要な場合がある。
相続財産が贈与税の課税対象である場合。
贈与税の期限後申告を要求される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA