未成年被後見人と未成年後見人等との間の契約等の取消し

このエントリーをはてなブックマークに追加
  未成年被後見人が成年に達した後 後見の計算の終了前に、 その者と未成年後見人又はその相続人との間でした契約は、 その者が取り消すことができる。 その者が未成年後見人又はその相続人に対してした単独行為も、同様とする。 2  第20条 及び第121条 から第126条 までの規定 (取消しの方法、効果、取消権の消滅、追認、催告)は 前項の場合について準用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA