後見の計算

このエントリーをはてなブックマークに追加
後見人の任務が終了したときは、後見人又はその相続人は、2箇月以内にその 管理の計算(以下「後見の計算」という。)をしなければならない。ただし、この期間は、家庭裁判所において伸長することができる 管理の計算とは後見人の就職時から任務終了時までに 生じたすべての財産の収入・支出計算

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA