後見の事務の監督

このエントリーをはてなブックマークに追加
後見監督人又は家庭裁判所は、いつでも、 後見人に対し 後見の 事務の報告若しくは 財産の目録の提出を求め、又は 後見の事務若しくは被後見人の財産の状況を調査することができる。 2  家庭裁判所は、後見監督人、被後見人若しくはその親族その他の利害関係人の請求により又は職権で、被後見人の財産の管理その他後見の事務について必要な処分を命ずることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA