後見に関して生じた債権の消滅時効

このエントリーをはてなブックマークに追加
  第832条の規定  親権を行った者とその子との間に財産の管理について生じた債権は、その管理権が消滅した時から5年間これを行使しないときは、時効によって消滅する。 2  子がまだ成年に達しない間に管理権が消滅した場合において子に法定代理人がないときは、前項の期間は、その子が成年に達し、又は後任の法定代理人が就職した時から起算する。 は、 後見人又は後見監督人と被後見人との間において後見に関して生じた債権の消滅時効について準用する。 2  前項の消滅時効は、第872条の規定により法律行為を取り消した場合には、その取消しの時から起算する。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA