家なき子の小規模宅地の適用要件

このエントリーをはてなブックマークに追加
相続開始前三年以内に 相続税法の施行地内にある その者又は その者の 配偶者の所有する家屋 (当該相続開始の直前において当該 被相続人の居住の用に供されていた家屋を除く。) に居住したことがない者 居住していなければ、 (例えば他者に貸付けしていて) 所有しているのはかまわないと思われます。  
ロ(法第六十九条の四第三項第二号ロ*家なき子) 当該親族 (当該 被相続人の居住の用に供されていた 宅地等を取得した者に限る。) が 相続開始前三年以内に 相続税法の施行地内にある その者又は その者の 配偶者の所有する家屋 (当該相続開始の直前において当該 被相続人の居住の用に供されていた家屋を除く。) に居住したことがない者 (財務省令で定める者を除く。) であり、かつ、 相続開始時から申告期限まで引き続き 当該宅地等を有していること (当該被相続人の 配偶者又は相続開始の直前において 当該被相続人の居住の用に供されていた家屋に 居住していた親族で政令で定める者 がいない場合に限る。)。 ハ(生計一親族の居住用) 当該親族が当該被相続人と 生計を一にしていた者であつて、 相続開始時から 申告期限まで引き続き 当該宅地等を有し、かつ、 相続開始前から申告期限まで引き続き 当該宅地等を 自己の居住の用に供していること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA