妻が婚姻中に懐胎した子

このエントリーをはてなブックマークに追加

妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。


2  婚姻の成立の日から200日を経過した後

又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、

婚姻中に懐胎したものと推定する。


これを覆すには、嫡出否認の訴えが必要

嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければならない。

嫡出否認を認める判決が確定すると、子は婚外子(非嫡出子)となる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA