利益相反行為

このエントリーをはてなブックマークに追加
第826条の規定 「(利益相反行為) 第826条 親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為 については、親権を行う者は、 その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。 2  親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その1人と他の子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。」 は、後見人について準用する。 ただし、後見監督人がある場合は、この限りでない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA