事業の後継者に財産を与えたい場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 例えば、事業の後継者に財産を与えたい場合など、
遺言書を作成しても 遺留分の規定により、 法定相続分の半分などの減殺請求をされます。 したがって後継者は事業を引き継ごうとしても 思うとおりに財産を取得できず 後継者が会社の議決権を50%超 取得できない場合などは 他の、相続人が株式を取得した場合 早期に買い戻さないと 会社運営に支障が出る場合があります。 その場合には生命保険を活用します 自身を被保険者、受取人を後継者とする ことにより、 自身の死亡時の生命保険金は 原則として後継者の固有財産となり 原則として遺産分割の対象とならず 他の相続人からの訴えがない場合、 後継者が固有に取得することになります。 また、死亡保険金には 生命保険金の非課税枠も 使えますので、相続税の節税になる場合があります。 例えば現預金を2億円持っていれば 遺言書で全部取得させると書いてあっても 遺留分減殺請求の対象となり 例えば遺留分が1/4であったなら 5000万円を減殺請求で支払わなければなりません。が その現預金2億円を生命保険金に変えておけば 2億円を特定の受取人が取得できる場合があります。 その資金を使い、 相続に伴い被相続人の持ち株が 相続人の共有財産となった場合でも 他の相続人が持っている 株式の買い取り資金に 充てることができます。 会社経営を円滑にするため 早期に50%超、できれば2/3 の議決権を確保することは、 非常に大切です。 事業承継、法人税顧問税理士も 相続税、法人税に詳しい 堤税理士会計事務所にお任せ下さい 詳細はご相談ください 048(648)9380 遺言書を作成する場合 相続人の遺留分を侵害してしまうと 、 相続人の間で争いが起きることが多いように感じます 遺留分に留意した遺言書を残したり、 生命保険を活用したりしてなるべく、争いを避けるようにしたいものです。 また 、遺言書の最後に必ず付言事項を付け加え 財産の取得が多い者に対するその理由 (事業継承の必要性など) 特に財産の取得が少ない家族に対する感謝の気持ちや愛情を表現することも 重要だと思われます また遺言執行者を遺言書に必ず規定しておくことが
円滑な遺言執行にあたり重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA