相続税申告を安い費用で

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページへお越し頂き誠にありがとうございます。


30年度税制改正では

事業承継時の贈与税・相続税の
現金負担をゼロにする、
期間限定の制度ができました。

(期限内に、
申請など一定の条件を満たした場合)
贈与税の納税猶予・免除制度とは

後継者
(受贈者)が
先代経営者
贈与者)から,
非上場会社の株式等の贈与を受けて
その会社を経営していく場合,
後継者
が納付すべき
贈与税のうち,
その株式等(一定部分に限る)に対応する
贈与税の全額に
ついて,
先代経営者の死亡等の日まで
納税が猶予
され,

先代経営者又は
後継者等の死亡等
により,
猶予されていた
贈与税の納付
が免除
される。

対象株式数の上限を撤廃( 2/3 → 3/3 )、
猶予割合を100%に拡大することで、
事業承継時の贈与税・相続税の
現金負担をゼロにする。

事業承継税制の以下の要件を、10年限定で抜本拡充

①対象株式等の上限の撤廃
②対象者の拡大
③雇用要件の抜本的見直し
④売却・廃業時の減免制度の創設


30年度税制改正では
親族外を含む複数の株主から、
代表者である後継者(最大3人)への承継も対象に
詳しくはこちらへ
電話048(648)9380 
税理士にご相談ください




相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について

相続税申告書作成 提出代行,遺産分割協議書作成, 相続税相談
一式で20万円から承ります。

税理士としてなるべく低料金で承りたいと
考えております。お気軽にご相談ください。

相続税申告、税理士料金でお悩みの方是非、ご相談下さい。
なお、内容が複雑な場合、遺産が高額な場合
相続人が多数、遺産分割が決まらない、などの場合には、
低料金にならない場合があります。
別途お見積りさせていただきます。

良心的料金ですが品質は一流の

相続税申告書システムを使用いたします
遺産分割協議書も、連動して作成いたしますので、
ご安心してご依頼ください。

相続税の申告書作成には、
相続税、贈与税の知識はもちろん
民法の知識を始め
時価の算定において、法人税、所得税の知識
が必要です。
従って、種々の税務調査等を経験した
税理士の開業年数の長い経験豊富な
税理士に依頼することをお勧めいたします。

048(648)9380

一般的家庭であっても、相続税申告考慮する必要があります。

   
当事務所は、平成4年、埼玉県さいたま市で税理士事務所を開設

法人税・相続税を中心に埼玉県の皆様の、身近な相談相手です。

平成20年には税理士会大宮支部より表彰されました。

平成25年には埼玉県さいたま市、さいたま商工会より

表彰されました。 税理士をお探しの方は、安心して、ご相談下さい。


税理士略歴 
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、学術研究部員を歴任
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験、実績、豊かな税理士です。
顧問税理士をご希望の方は、どうぞ安心してご依頼ください
必ずや、皆様のご期待に添えると、自負しております。



堤税理士会計事務所 埼玉県さいたま市大宮区にお任せ下さい 相続税  相続税申告書作成 提出代行
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F


埼玉県さいたま市大宮区の税理士
お近くの方お気軽にご利用下さい

お知らせ

2018年12月23日
平成30年度事業承継の概要
2018年12月23日
生活費
2018年12月23日
贈与契約の取消し
2018年12月23日
負担付贈与により取得した土地等、家屋等
2018年3月18日
減価償却資産の償却費の計算、減価償却方法
› 続きを読む